• WORK-LIFE BALANCE
  • WORK-LIFE BALANCE
  • WORK-LIFE BALANCE
  • WORK-LIFE BALANCE

WORK-LIFE
BALANCE

ワークライフバランス

メッセージ仕事を知る人を知る社員クロストーク働く環境を知る採用情報

小助川 優子

「お互い様」と
フォローしあえる雰囲気。

育児休職からの復帰後、時短勤務で働かせていただきました。時間が限られる中で、思い描いた業務量をこなすことができない時もありましたが、そんな時には上司や先輩、同僚たちが、常に温かくフォローしてくれました。今は私がフォローする側に回ることもあるので、そのための余裕を作れるように心掛けています。メンバーの背景や個性を大切にしつつ、お互いが助け合い成長しながら、チーム全体がスキルアップしていける環境が、ドコモCSにはあると思います。

更に詳しく

小助川 優子

コアネットワーク部/コアノード設備・コア企画

出産休暇、育児休職を利用後1年間の時短勤務を経て、現在はフレックス制度を利用したフルタイム勤務に。所属するコアネットワーク部では、事業計画の策定、進捗管理を担当。スピード感と丁寧な対応を心掛けて、日々の業務に取り組む。

春原 晶子

制度の併用で柔軟な働き方を実現

3人の育児をしながら、フレックス制度を活用してフルタイム勤務をしています。出産の際も「できるだけ働くこと」を意識して制度を利用しました。子育てをしていると、学校の保護者会、面談、PTA活動など、平日参加のイベントも多くありますが、フレックス制度や、1時間単位で使用できる有給休暇、在宅勤務などの制度をフル活用することで、これらのイベントにも積極的に参加することができ、子どもたちも喜んでいます。

更に詳しく

春原 晶子

多摩支店営業部/主査

過去に3度の出産を経験。出産休暇、育児休職、時短勤務、在宅勤務などを活用し、仕事と育児を両立。現在はフレックス制度を利用してのフルタイムで、ドコモショップでのアフターサービスや法令対応の支援業務に主査として従事。

樋口 直人

周囲のサポートを得て
男性初の育児休職取得!

当時、社内だけでなく、世の中の風潮としても男性の育児休職がまだなじみのないものでしたが、育児休職を取得したというドコモ本社の男性社員からお話を伺う機会があり、また、子どもが新生児である一生に一度の大事な時間を一緒に過ごし、妻をサポートするためにも取得を決断しました。ちょうど新たな部署に異動してすぐのタイミングだったのですが、上司にも快く背中を押していただき、かけがえのない時間を過ごすことができました。

更に詳しく

樋口 直人

ドコモ光サービスセンター/担当課長

2000年にドコモ・サービス(当時)に入社。2009年、長男の誕生に合わせ、社内(当時はドコモ・ビジネスネット)の男性社員では初となる育児休職を取得。その後、フルタイム勤務で復職し、ドコモ本社への出向などを経て、現在はドコモ光サービスセンターに所属。

紋川 千晶

現在は先輩として制度を伝える立場

私が出産休暇・育児休職を利用したのは今から10年前。今と比較すると、当時は制度の利用例も多くはありませんでしたが、利用したことのある先輩が職場にいたので、相談に乗ってもらえました。周囲の理解もあり、苦労せずに利用できたのでとてもありがたかったです。現在は私が先輩社員として、制度のことを若手に伝えています。妊娠・出産を考えている女性社員はもちろん、その上司に当たる方や、男性社員に向けても、「制度を利用したらこんな良いことがある」と発信しています。

更に詳しく

紋川 千晶

総務部/総務・第二総務

2008年に第1子を出産。出産休暇、育児休職から復帰後、4年間の時短勤務を経て、現在はフルタイム勤務に。総務部に所属し、取締役会や株主総会の事務局業務を担当。株主総会は特に大仕事で、終えたあとの達成感がやり甲斐。

あってよかったこんな制度!

ドコモCSでは、出産に際して「辞める」という選択をする社員がほとんどいません。これはこの会社の大きな特徴だと思います。働きやすい環境、働き方を選べる環境、長く続けられる環境を整えていくいう会社の姿勢を肌で感じています。また、充実しているのは出産・育児にまつわる制度だけではありません。たとえば介護(育児)が理由で離職した社員は再就職できるという制度があります。実際にこの制度を利用して戻ってきた人もいます。自分に何かあった時のためにも、こういった制度が充実しているのは心強いですね。

CLOSE

あってよかったこんな制度!

時短勤務で働いていた期間が6年ほどありましたが、その期間も「時短勤務だから軽めの仕事しか与えない」といったことはなく、仕事の内容できちんと評価され、責任ある仕事も任せていただきました。ドコモCSでは、産前の面談を上司としっかり行い、個人の希望に合わせて復帰プランを立てます。私のように仕事との両立を目指す人も、希望の働き方に合わせて制度を使える当社の良さだと思います。また会社全体として、積極的に制度を使っていこうという雰囲気があり、周囲への相談も気軽にすることができます。ライフステージの変化に際して、ひとりで悩まなくて良い環境は整っていますね。

CLOSE

あってよかったこんな制度!

私が育児休職を取得した際は会社にとっても初の事例でいろいろなことを手探りで進めたのですが、その後、徐々に育児休職を取得する男性社員が増えてきました。復職後は、知らない部署の男性社員から「実は自分も育児休職を取ろうと思ってるのですが…」と相談を受ける機会も多くありました。私の時もそうでしたが、誰かが休暇を取っても「お互い様」という思いで周りが積極的にサポートしようという意識が社内に根付いていると思います。また制度の面でもフレックス勤務や在宅勤務、1時間単位での有給休暇の取得など、出産・育児のために限らず、社員が働きやすい環境、プライベートをより充実させられる体制がより整備されてきているのを感じます。

CLOSE

あってよかったこんな制度!

ドコモCSには様々な制度と、それを実際に利用しやすい雰囲気があり、ワークライフバランスの満足度は非常に高いと思います。また、これらの制度は女性社員だけのものではなく、男性社員が育休を取得する例も増えてきています。育児中の社員だけではなく、個々人の事情や希望に合わせて、働き方を選択することもできます。色々なひとが快適に働ける環境を作ることで、多様な考え方やアイディアも生まれてくるので、誰もが働きやすい環境であることが理想だと思います。

CLOSE