このページの本文へ移動

リクナビ2019 中途採用

社員紹介

事務

いままでのドコモに存在しないものを
新たに生み出す喜び

伊藤 一樹

NTTドコモ スマートライフビジネス本部
コンシューマビジネス推進部(出向)/中堅社員

現在の業務について教えてください。

ドコモに出向し、コンシューマビジネス推進部で、部全体の短中期の戦略の策定、dポイントの分析、コンシューマ向けの新サービスの考案という3つの業務に従事しています。

コンシューマビジネス推進部を含むスマートライフ事業は、ドコモの成長の牽引役として期待されています。また、2020年度に向けたドコモbeyond宣言においても、「新体感」「AIエージェント」といったキーワードが含まれおり、それを着実に実行することがミッションとなっています。現担当では、部門全体のミッションをどう実行するか・どう伸ばしていくか等、dポイントの視点も絡めながら、短中期目線で戦略を策定し、実行部隊を支援しています。

新サービスの考案に際しては、常にアンテナを張り、いま世の中でどんなサービスが流行っているのか? という潮流を見極めていくことが必要とされます。例えば最近、短尺動画サービスや、モノやスキルをシェアするサービス、AIを絡めたサービスなどに注目が集まっています。こうした潮流に合う形で、ドコモならどんなサービスを展開することができるのか? ということを考えています。

また、これまでにない新サービスを作るということは、当然、ドコモだけでは実現できない場合もあり、そうした際は“+d”のパートナー様やドコモとお付き合いのある企業様との連携も欠かせません。社内、社外の枠を超えて、多くの人々の協力を得て、“協創”の観点で新たなサービスを作り上げていきたいと思っています。

これまでの業務で、情熱を持って取り組んだことについて教えてください。

専門の異なる部署との新プロジェクト――ゼロから新たに知識を学んだことでコミュニケーション力もアップ!

いまの部署で取り組んだ、dマーケットにおけるdポイントの利用動向の分析ですね。

2015年の秋に「ドコモポイント」から「dポイント」に名称が変わり、パートナー企業様も増え、dポイントの流通量は一気に拡大しました。現在の部署では、各サービスのdポイントの流通量拡大がミッションの一つとして挙げられていますが、分析するための環境が整っていませんでした。そこで、まずは各サービスにおいてどのくらいポイントが使われているかといったことを、リアルタイムで可視化できるようにし、分析環境を整えることが必要でした。

そのために情報システム部のデータ分析部門の担当者と話し合い、「ポイントの流れをリアルタイムに可視化する」というプロジェクトが立ち上がったのですが、データ分析部門と私たちがいる部門では、専門領域も持っている知識もまったく違うので、認識に齟齬が生まれてしまい、プロジェクト自体が停滞していました。

やはり、データ分析部門の方々としっかりと話し合うには、私自身もそれに合った知識をきちんと身に着けなくてはならないと思い、データを可視化・分析できるツールを研修で習得しました。そのおかげで、スムーズなやり取りができましたし、学んだ知識を元に、自分の意見をシステムに反映させることができました。実際に完成したシステムも、各サービスに展開し、好評の声を頂いており、これまでにない分析を取り入れたことで、dポイントの流通量拡大にも寄与できたと思います。

ドコモCSでのあなたの使命、モチベーションは?

たとえ自分がいなくなっても、作り上げたモノやサービスは残る

新しいモノ・コトを“創造”し、自分がこの会社にいたという足跡を残すというのが、私が仕事をする上での非常に大きなモチベーションとなっています。以前在籍した部署では、事業部全体の運営方針を一から策定したことがあったのですが、今でもその運営方針が基礎となり、ブラッシュアップされ継続して利用されているのを見ると、大変嬉しく思います。

いま、新サービスの考案という、まさにゼロから今までにないモノを作り上げていくという仕事に携われて、ありがたく、とてもよい経験をさせてもらっています。会社にとって有益となるサービスを創造できるよう、気づいたことはどんどん口に出して、「こうすればできる」「これじゃダメ」とメンバーと議論を交わしながら、新しいものを生み出していくことに大きなやりがいを感じています。

あなたから見たドコモCSはどんな会社で、あなたにとってどんな存在ですか?

やりたいことが変わっても、どこかに必ずあなたがやりたいことができる場所がある。

私自身、色々な業務を経験するうちに、やりたいことが何度も変わりました。ドコモCSを含めてドコモグループは、携わってない分野がほとんどないというくらい、多岐にわたって事業を展開しています。そのため、やりたいことが変わったり、新たに挑戦したいことができても、それができる場所がたいていはあり、「やりたいです」という声や新しいアイデアに対して、必ずきちんと耳を傾けてくれる人がいる会社です。また、dポイントやdカードといった魅力的なアセットや有能なパートナー企業様がいますので、それを組み合わせることで新たな価値がうまれ、日々刺激的に過ごせると思います。一方で「働きやすさ」も大きな魅力で、自分に合った働き方に柔軟に変えることが可能で、プライベートが充実し、リフレッシュでき、仕事も楽しめるという好サイクルで仕事に取り組むことができます。

PAGE TOP