このページの本文へ移動

リクナビ2019 中途採用

社員紹介

事務

プレイヤーとマネージャーの視点で
お客さまと代理店、会社をつなぐ

相澤 稔孝

東京支店法人営業部/中堅社員

現在の業務について教えてください。

現在は東京支店で法人代理店担当をしており、代理店のマネジメントを行うルートマネージャーを務めています。東京都内を担当する代理店がいくつかあるのですが、ルートマネージャーとして彼らのサポートをし、必要に応じて相談に乗り、「こうしてみてはどうか?」とアドバイスや提案をします。また、代理店の担当に同行して、私自身がお客さまを訪問することも多くあります。

以前は自分自身が純粋に“プレイヤー”としてお客さまの新規開拓を担当し、飛び込みの営業を行なっていた時期がありました。そこでは直接、世間の声に触れることができ、貴重な経験となりましたが、いまは少し上の立場で代理店の活動など全体を見なくてはなりません。代理店と会社の間に立って調整する立場でもあるので、代理店に対しては、連絡や要請があれば何よりも早くレスポンスするということを心がけています。社内でのコミュニケーションに関しては、現場目線を共有しつつ、全体で見た時どうなのか? ドコモとしてどうあるべきか? という視点を大切にし、取り組むようにしています。

これまでの業務で、情熱を持って取り組んだことについて教えてください。

お客さまからもらった最大限のほめ言葉 契約の決め手は「相澤さんだから」

私が担当した案件で、これまでドコモとご契約をいただいていたお客さまがちょうど契約更新の時期をむかえ、契約を見直し、どこのキャリアが最も良いか? ということを考えられていました。お客さまにしてみれば、更新の時期にご自身が使っているサービスを改めて再評価するのは当然のことですので、私も代理店の担当者と一緒に、ドコモを継続してご利用いただけるようご提案のためにお客さまの元へ足しげく通わせていただきました。

いまは、いろいろなキャリアの携帯電話が存在し、ひとつひとつの機器にそこまで大きな性能差がないため、付随する様々なサービスやソリューション、アフターケアの対応が非常に重要となっています。最終的にお客さまは、ドコモとの契約継続を決断してくださったのですが、その時に「相澤くんだからドコモにしたんだよ」と言っていただき、非常に嬉しく、忘れ難い経験になりました。

ドコモCSでのあなたの使命、モチベーションは?

全てはお客さまありき!現場に寄せられた生の声を伝えたい

私が従事している仕事は、お客さまがいてくださり、ドコモのサービスをご利用してくださることで成り立っています。お客さまとの接点を常に絶やさず、またお客さまの声を現場のみならず会社へと持ち帰り、共有していくことが営業マンとしての私の使命だと考えています。

いま、ルートマネージャーという立場にあっても、普段から代理店の営業担当者がお客さまの元に行く際は、できる限り私も同行するようにしています。やはり、お客さまの生の声を知ることはすごく重要なことです。またその声を自分や代理店の中だけにとどめるのではなく、自分の上の立場、さらに上の立場の上司にまで伝え、課題に対して本社、代理店一丸となって向き合って行けるように心がけています。

以前、法人営業に就いたばかりの頃、上司に言われたのが「営業マンは十人十色。必ずその営業マン独自の色がある。お前にはお前のやり方があり、それでお客さまの信頼を得られればいい」ということでした。お客さまの私への信頼を、ドコモへの信頼につなぐことができるように、まず何よりもお客さまと接点を持ち、その生の声に耳を傾けることを大切にしています。

あなたから見たドコモCSはどんな会社で、あなたにとってどんな存在ですか?

経理に営業…適材適所で思いもよらない経験をさせてくれる会社

私自身、入社した時はまだドコモCSという会社は存在せず、私が入社したドコモ・サービスを含むグループ会社4社が2014年に統合してドコモCSが誕生しました。私は、入社後しばらく、法人営業ではなく経理系の部署に在籍していました。元々「営業的な仕事をしてみたい」という希望は会社に伝えていたのですが、いま務めている代理店のルートマネージャーという仕事は、最初の会社では携わる機会が少ない仕事であったため、ドコモCSになったからこそ担当することができるようになった仕事です。そういう意味で、個々の適性をきちんと見て、元々所属していた会社の垣根を越えて、やりたいと思ったことに挑戦させてくれる会社だと感じています。私自身、入社して経理や簿記のことなど何も知らない状態で経理の業務を始めて、その後、全く未経験の法人営業でいきなり飛び込みの営業をし、思いもよらないいろいろな経験をさせてもらい、成長することができたと実感しています。当然、最初は何もできないのですが、そこで手を差し伸べ、サポートしてくれる先輩や上司が周りに必ずいてくれます。何かをやるという場合も、単純なトップダウンではなく、現場からの声をきちんと聴いてくれる。そういう風通しのよさを感じています。

PAGE TOP