このページの本文へ移動

リクナビ2019 中途採用

社員紹介

事務

通信、商材、営業担当、代理店、そしてお客様―
―全てをつなげる“ONE docomo精神”

幸千夏

東京支店法人営業部/3年目社員

ドコモCSでのあなたの業務を教えてください。

東京支店の法人営業部で営業担当者のサポートをしています。法人営業部は、主に都区内 中小企業のお客様へより手の行き届いたサービスを提供すべく2014年に新しく作られた組織なんですが、もともと、法人営業というと、実際に営業に伺う“フロント”業務しか想像していなかったので、配属された時は、営業推進という仕事が具体的になにをするのかわかりませんでした。

そもそも私は統合前のドコモ・サービスに入社して、料金に関する仕事や法人様の支援業務、営業のアシスタントなどをしていたんです。具体的には代理店からの問い合わせ対応やデータ管理などの内勤がメインでしたが、それが、いまの部署に配属後は一転して、営業担当者のサポートのための企画をしたり、料金の値下げに関して社内での調整や交渉、商材の販売促進、それから、お客様にドコモの製品を知っていただくための“貸出機”というものがあるんですが、その準備などを行なっています。

特に現在は、法人様向けの商材に関して、都内の市場を調査し、データを分析し、どういうお客様にどんな商材のニーズがあるのかなどをアプローチする業務に従事しています。

ドコモCSにおけるあなたの使命、モチベーションとなっていることを教えてください。

「わからないことがあればドコモ」―― 一歩先のニーズをつかむ!

ドコモの良さを知っていただき、“ファン”を作り出すことが私の使命だと思っています。営業担当者や代理店へのフォローを通じて、それが出来ればと思っています。法人営業の場合、代理店が特定の会社さまに担当者が付いていて、その代理店をマネジメントしているドコモ本社の人間がいて、その人を支援するのが私たちの仕事なんです。本社があって、東京支店法人営業部があって、営業担当者や代理店があり、その先にお客様がいるという構造ですね。

実際に担当者と一緒に、お客様の元に足を運ぶこともあります。そうした業務の中で「あ、このお客様にはこの商材がマッチするんじゃないか?」とひらめく瞬間が楽しいですし、営業担当や代理店の方に「ありがとう。また一緒に来てね」と言っていただけるのもうれしい。自分が関わることで、いろんな方に喜んでいただけるのが私自身のモチベーションにもなっています。

会社としての使命という点では、「ドコモ=携帯」のイメージが強いと思いますが、いまは、それだけではなくソリューション販売もしています。例えば、タブレットを使った通訳サービス、都内のあちこちに設置された電動アシスト自転車を使用できるサービス、ドコモのグループ会社である「ABCクッキング」における法人様用の研修カリキュラムを組んだりと多岐にわたります。こうしたサービスを広め、お客様に「わからないこと、お願いしたいことがあればドコモ」と思ってもらえる会社になれればと思います。これからも、以前は想像もできなかったような新たな製品、サービスが生み出されていくと思いますが、時代が移り変わる中で、一歩先のニーズをつかむ、先見性が必要だなと思いますし、私自身もそれが出来る人間でありたいです。

あなたがこれまでにドコモCSで情熱をもって取り組み、やり遂げたことを教えてください。

多くの人々を“巻き込む”ことで答えが見えてくる!

先ほども申し上げました、ソリューション販売の中で、特に通訳ソリューションに関する業務での仕事が一番印象に残っています。全国で200を超える店舗を展開されているアパレル関係の方で、外国人のお客様が数多く店舗を訪れるということで、なかなかうまくコミュンケーションが取れずに困っているとご相談を受けたんです。各店舗に簡単な会話例などを記した応対用のマニュアルを配布しても、全てに対応できるわけではなく、中には外国人スタッフを雇用して対応する店舗もあったりということだったんですが、外国人スタッフが常にいるとは限らなかったりで、どうしたらいいかと。そこで1台で英語、中国語、ロシア語、タイ語、韓国語の5言語のオペレーターにすぐに繋がる翻訳ソリューションがあるとお伝えしたんです。

ただ、これを100店舗以上に導入するには予算的にも厳しい面があるということで、社内に持ち帰り、担当部署に相談しました。そこで、社内での価格の調整、さらに本社にも掛け合い、最終的には新たなプランを提案し、お客様に合った料金プランを導入いただくことができました。時間を要しましたが、多くの部署を巻き込みながら、ひとつずつ課題を乗り越えて、満足いただけるサービスを提供できたことは大きな経験になりました。

あなたにとってのドコモCSはどんな存在ですか?

助け、助けられ――いい影響を与え合う関係でありたい!

いろんな人がいて、いろんなサービス、業務がありますが、人とのかかわりの中で、常にいい影響をくれる存在ですね。大きな会社ですし、東京支店の法人営業部だけで400名以上がいるんですが、これだけの大きさにもかかわらず、すごくコミュニケーションがとりやすい職場なんですよね。気軽に周りの人に相談できる雰囲気があり、フォローしてくれる体制も整っているんです。社内だけでなく、代理店、本社、そしてお客様も含めてのつながり――“ONE docomo精神”を日々感じています。私自身、常に周りに助けられ、いろんな影響を受けながらこの会社にいますが、逆に私も周りに対し、いい影響を与えられたらと思っています。

PAGE TOP